Sakuyaの図書室

書物の御紹介

昔の仲間 entry 07

第7回目は『 entry 06 』の続きです。


少年少女 世界の名作文学7 イギリス編 🍀


宝島 『 entry 06 』の続き
 作 者/ロバート・ルイス・スチーブンソン氏
 訳 者/近藤 健(けん)

第一章 老海賊
( 二 )“ 黒犬 ” 現れる

 ぼくが酒を持ってもどったときは、ふたりはにらみ合いながらも、朝めしのテーブルに向かい合って腰かけていた。が、それにしても “ 黒犬 ” がドアの近くに斜めにかけているのは、いざというときにすぐ逃げだせるように、用心してのことのように見えた。
 その “ 黒犬 ” が、
よし、ぼうや。酒を置いてあっちへ行ってな。おれたちはひさしぶりにゆっくり話したいんだよ。かぎ穴なんかからのぞいたりすると、承知しねえぞ。わかったな!」
と、あごをしゃくった。
 ぼくはすぐ、帳場のほうへ引きさがった。
 とはいうものの、やっぱりそっちのほうが気になってしかたがない。なんとかして・・・・と、聞き耳をたてたが、べらべらしゃべり合っている声はとても小さくて、なかみは聞きとれなかった。
 そのうちいい争いになったらしく、声はときどき大きくなった。
ふん。そんな話はもうよさねえか!」
 それからまたすこしたって、
あたりめえよ しばり首になるなら、みんないっしょにやってもらおうじゃねえかよ 文句があるのかよ!」
なんだとっ、ふざけるな!」
 声といっしょにいすやテーブルの引っくりかえる音がした。つづいてガチッ ガチッと聞こえるのは、どうやら刀を打ち合ってでもいる音だろう。ぼくはこわくなったが、それでもやっぱり見たかった。
 と、とつぜん
あっ!」
 悲鳴が起こった。
 その声を聞いたそのとたん、ぼくは恐ろしくなって帳場をとびだした。
あっ?」
 すぐぼくの目についたのは、肩から血を流した “ 黒犬 ” が、あわてて外へ逃げだす姿だった。つづいて “ 船長 ” がそれを追いかけた。
やろうっ、待て!」
 追いついた “ 船長 ” が刀を振りおろした。と、ガツッとにぶい音がした。ぼくはおもわず目をつぶった。その目をおそるおそるあけてみると、“ 船長 ” の振りおろした刀は、どうやら “ ベンボー提督亭 ” と書いた看板に切りつけたらしかった。
 それで、あやうく命びろいをした “ 黒犬 ” が、背中をまるめて矢のように逃げていくのが見えた。
ちくしょう、逃がしてしまったよ!」
“ 船長 ” は血のついた刀をぶらさげて、はあはあと、肩で苦しそうな息をしながらもどってきた。